住宅ローンの金利が安い銀行

住宅ローンの金利が安い銀行はどこ?

家の画像

住宅ローンの契約をする際に最も多くの人が気にするポイントとなっているのが金利です。

 

最終的な負担を決めると言うことでは特に重要なポイントですし、これから長い時間をかけて返済をしていく以上は利息が少なくて済むに越したことは無いでしょう。

 

そのため「金利が安い銀行はどこなのか」という疑問も良くみられるものになっているのです。

 

この金利が安い銀行はどこなのかという疑問は非常に答えづらい疑問でもあります。

 

これはどうしてかと言うと、まず住宅ローンは支払う利息以外にも考えなくてはならないことが多くあるからです。

 

 

安い銀行を出せば良いというのであればその時々で銀行の公式サイトを見ればわかります。

 

それが変動するのか固定なのか、20年で完済するのか30年で完済するのかなど条件はさまざまに異なります。

 

そうした条件面を考えずに契約するというのは住宅ローン契約が失敗する最たる原因のひとつです。

 

こういった問題がある以上どの銀行が良いのかということは言えないのです。

 

加えて現在住宅ローン融資をしている銀行は非常に多く、それぞれで提供するサービスの内容は異なるのも普通のことです。

 

 

例えば失業対策として
・元金返済を停止させられるサービスがあるかどうか
・万が一病気になってしまって収入が途絶えた場合に返済に対応してくれる疾病保障があるかどうか
などは極めて重要なポイントになるでしょう。

 

多額の借り入れをする以上、支払う利息だけで決めてしまうのは非常に危険なことです。

 

どこから借りるのかということを考えるのであれば、それはやはり総合的にみることが必要だと考えるべきでしょう。

 

銀行で住宅ローンの相談をするためには

住宅街の地図

銀行の住宅ローンの利用を検討する際には、まず担当者に相談することからはじまります。

 

金利や手数料などの諸費用、借入可能な金額など、具体的なデータが揃わなければ、その住宅ローンの本当の価値がわからないからです。

 

しかし銀行に赴くとなると、平日に働いている人はなかなか時間を確保するのが難しくなります。

 

そこで銀行では、夜間や休日にも希望者が訪れることができるようなさまざまな機会を設けています。

 

定期的に夜間や休日の相談会を開催したり、恒久的にローンプラザを開設していたりと各金融機関によって形態はさまざまです。

 

あらゆる人が利用しやすい環境が整えられているので、気になる銀行がどのような機会を設けているのかホームページなどで確認してみるといいでしょう。

 

また金融機関によってはインターネットや電話を利用しての相談も可能です。

 

 

特にインターネットを利用したものは24時間対応している場合もありますので、思いついたときに利用できて便利です。

 

さらに各金融機関のホームページにはローンシミュレーションや返済シミュレーションなどの機能が付いていることが多いです。

 

それらを利用すれば必要事項を入力するだけで簡単に月々の返済額を計算したり、借り入れ可能な金額を導き出したりできるので非常に便利です。

 

具体的な数字を把握しておけば、実際に住宅ローンを検討する際に非常に役に立ちますので、まずはそちらから利用してみるのも一つの方法です。

 

銀行で住宅ローンを借りる際の金利について

居住地の画像

新しく家を買う際、または建てる際に住宅ローンを利用するという人はとても多いと思いますが、住宅ローンについて詳しいという人はあまりいないのではないかと思います。

 

あまりよく考えずに、契約する業者などを決めると後悔することになるかもしれません。

 

住宅ローンを扱っている業者は銀行などを含めたくさんあります。

 

その業者によって金利も変わってきます。

 

金利が少しでも違うと最終的に支払う金額は大きく変わってきます。

 

そう考えると契約をする前によく調べてから契約しようと思うのではないでしょうか。

 

 

また一度契約してしまってから、すぐに違う業者に借り換えるというのはお勧めできません。

 

借り換えをする際には、手数料がかかってくるため、その手数料を考えるともったいないことになるのではないかと思います。

 

何年、何十年と払ってから、世の中の経済が変わってきて金利が借りた当初よりもだいぶ下がっているというのであれば、借り換えをする意味はあると思います。

 

借り換えをする可能性はあったとしても、一度住宅ローンを組んだ業者とは、長い間付き合っていくことになると思いますので、あとあと後悔しない為にも、ローンを組む前によく考えて比較をしてみて、自分に合うなと思えるところでローンを組むということが大事になってくると思います。

 

家を買う、建てるとなると、色々と忙しいことが重なると思いますが、ローンのことを軽く考えずに、時間をかけて検討することをお勧めします。

 

 

 

 

 

更新履歴